自分語りしたいよね。ここはそんな森。

考えていること、少しずつ、自分のために

あるかないか

「眠りにつくかつかないか」って歌詞のあるあの歌が好きだ。

ものを渡すときに触れるか触れないかの感触 そして触れたときの感触

目が合うか合わないかの刹那の感覚

この感覚がすこく好きだ。

 

あと、夜コンビニに行くと聞ける「いらっしゃいませ。こんばんわ。」のこんばんわ。絶対、「わ」になってるこんばんわが好きだ。あれいう必要あるのかな。いらっしゃいませだけでいいような気もするんだけど。でもこんばんわって最近滅多に聞けないし言わないし、それはそれで新鮮でいいのかもしれない。

 

というか、あそこの店員さんが好きなだけなのかも。記憶に残るってそんなものだよね。

 

パッと目にしたもの、聞いたもの、触れたもの、香ったもの、その何かが自分の中の何かをたたく感じがする。そしてその感覚が記憶に残る。