自分語りしたいよね。ここはそんな森。

考えていること、少しずつ、自分のために

藤くんが救ってくれる

1Q84』BOOK3ついに読み終わりました。

読み切れて嬉しいし、これがささやかな達成だと思うと嬉しい

次は短編にしようかな

 

今日はゼミで卒業論文の途中発表の日だったんですが、もう散々で、鼻で笑われて恥かいてきたんですよね。

 相変わらず、自分で決めた研究テーマを自分の考えで切りひらいていくことが出来ないんですね。ほんとうに成長をしないものです。論旨がこれじゃあ明確ではないよネ、何やってるかよく分からん、あなたがそれじゃ何もアドバイスでさえもできない。

とほほ、分かってはいたんですが、やはり出来てないといわれるのは精神的にきついですね。もっと優しい世界だったらなあ。

 

そんなことを言ったって仕方ないですよね。結果がすべて。出来なきゃ留年。なんて簡潔した仕組みなんだろうネ。

 

そんなとき、心の弱めな僕は音楽を聴いて慰めてもらうんです。そして励まされ護ってもらうんです。

それが、僕が曲を聴くことのひとつの意味になっています。

今日はBUMPを聴いています。中学の頃から何度救ってもらったか分からないです。

今でも憧れます。自分達で作った詩とリズムとコードとメロディで誰かを救うということを。

 

今日は好きな曲を挙げようと思います。

 

ギルド

ギルド

 

それがこれ。『ギルド』です。

試聴もできるんですね。初めて知った。

 

いずれにせよ その瞳は 開けるべきなんだよ それがすべて 

 

ここの歌詞が一番気に入ってます。優しいですよね。

いずれにせよ開けるべきなんですよ。それがすべて

 

また明日も頑張ろうと思います。いずれにせよ、前向きに頑張るつもりです。

 

みなさんもご自愛を。